世界日報 Web版

2020年、東京の住宅事情 心の豊かさ満たす住宅指向


石塚隆正氏

株式会社ナミキ代表取締役社長 石塚隆正氏に聞く

 超高齢化社会を迎え、とりわけ一極集中が進む首都・東京は、2020年の東京五輪を迎えるここ数年のうちにも住宅事情にさまざまな変化が現れそうだ。東京銀行を経、三菱東京UFJ銀行の本店営業部で辣腕(らつわん)をふるい、現在、株式会社ナミキ代表取締役社長の石塚隆正さんに「住」の果たす役割と人々の住宅への意識の変化を聞いた。(聞き手=編集委員・片上晴彦)

家族形態が変わってきており、住宅供給側として、どう対応しているか。高齢化、介護問題、単身者の増加、逆に3世代住宅の需要はどうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ