世界日報 Web版

倉田百三と西田天香 名作『出家とその弟子』を生む


300

一燈園・燈影学園長 相 大二郎氏に聞く

 倉田百三が大正7年に岩波書店から出した戯曲『出家とその弟子』は青年たちの共感を呼んで大ベストセラーとなり、各国語に翻訳されロマン・ロランも絶賛した。親鸞と弟子唯円の愛と罪をめぐる葛藤を描いた同書は、倉田の一燈園の体験が基になったという。そこで、倉田と西田天香との出会いを、相(あい)大二郎燈影学園長に伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ