世界日報 Web版

未来に残したい郷土の浜辺  いしかり海浜ファンクラブ事務局長 石井滋朗氏に聞く


400

環境ボランティア

 札幌に隣接する石狩市。日本海に面した石狩湾には北海道の母なる川・石狩川が流れ込む。また、延々と続く自然のままの砂浜と海浜植物が生い茂る砂丘、さらに約20㌔㍍にも及ぶ天然のカシワ林は圧巻。一方、夏場になれば近郊の市町村から多くの人が海水浴に訪れるが、心ない人によって海岸が荒らされているのも事実。そうした中で石狩浜を守ろうと石狩市内の複数のボランティア団体の有志が集まり「いしかり海浜ファンクラブ」を結成した。郷土の海を守る意味と活動の内容について、「いしかり海浜ファンクラブ」の石井滋朗事務局長に聞いた。(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ