世界日報 Web版

EVは「理屈」抜きの世界の「流れ」


小説家 高嶋哲夫氏

小説家 高嶋 哲夫氏に聞く

 災害や感染症など日本の抱えるさまざまなリスクを小説化してきた高嶋哲夫氏が、新たに電気自動車(EV)をテーマとした小説「EVイブ」(角川春樹事務所)を著した。小説は世界のEVシフトに乗り遅れた日本が、さまざまな葛藤を超えて打開策を求めていくというストーリー。

なぜ、EVをテーマとしたのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ