世界日報 Web版

創意工夫で活性化、生き残り懸けた村の取り組み


長野県生坂村村長 藤澤泰彦氏

巨峰栽培で移住者呼び込む

 人口が5000人を切った自治体では、人口減少問題は切実で待ったなしの課題である。そのような中、創意工夫をしながら地域の活性化と生き残りを懸けて取り組んでいる長野県内の二つの村の村長にインタビューした。(聞き手・青島孝志)

長野県生坂村村長 藤澤泰彦氏

 長野県東筑摩郡にある山間の生坂(いくさか)村の人口は8月1日現在、人口1724人。近年は、毎年10人ほどが誕生する一方、30人ほどが亡くなられています。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ