世界日報 Web版

疫病と万葉植物


万葉の花研究家 片岡寧豊さん

一番恐れられた天然痘

万葉の花研究家 片岡寧豊さんに聞く

 新型コロナウイルス感染症の流行は、自然との付き合い方を考え直すきっかけにもなった。古代から日本人は植物にどう接してきたのだろうか。奈良在住の万葉の花研究家・片岡寧豊さんに、万葉の人たちと疫病や植物との関わりなど伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ