世界日報 Web版

薬物依存リハビリ施設 残留物排出し新たな人生を


神野正啓氏

ナルコノンジャパン総代表 神野 正啓氏

ナルコノンとは。

 ナルコノンは「no narcotics」つまり「麻薬なし」の略で、薬物依存からのリハビリプログラムの一つです。薬物依存から離脱した米国の受刑者と教育者のL・ロンハバード氏(故人)が1966年に共同開発したもので、現在、世界で39カ所に施設があり、これまでに4万人以上が“卒業”しています。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ