世界日報 Web版

駐韓大使帰任、日韓関係を重視した決断だ


 いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行に反し、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していた長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事について、政府は約3カ月ぶりに韓国に帰任させた。日韓関係の重要性を踏まえた決断であり、すでにこれを歓迎する声が上がっている。

 本来は筋が通らない


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ