世界日報 Web版

東日本大震災9年、復興した新しい東北を世界に


 東日本大震災の発生から9年を迎えた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で政府主催の追悼式は見送られ、被災地での追悼式も縮小されるなど影響が出ている。しかし、これまでと変わらぬ追悼の思いを捧(ささ)げ、復興への決意を新たにしたい。

若い移住者の増加も

 大震災による死者、行方不明、負傷の悪化などで亡くなった震災関連死を合わせると犠牲者は2万2200人を超える。犠牲者の冥福を祈るとともに、大切な人や家を失った被災者の9年間の歩みにも思いを致したい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ