世界日報 Web版

生きる愛のパワーを


 平成30年という一つの区切りを思わせる今年も、あと僅(わず)かで終わる。

 今年を振り返り、本庶佑氏のノーベル賞受賞などの喜びの陰に、元東大教授の著名な論客、西部邁(すすむ)氏の“自殺”事件があった。

 日本人の感覚で、自殺は許容されるようだが、私はやはりそれは許されないこととして残念に思う。西部氏は、多くの日本人の心を掴(つか)み、リードしてきた有能な時代の牽引(けんいん)者だったはずだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ