世界日報 Web版

野党共闘に乗る左翼諸派


 来年の参議院議員選挙に向けて、各党・政治勢力が動き始めている。注目されているのは、日本の主要勢力が一体となって憲法改正に取り組むか、それとも枝野幸男立憲民主党代表が首相、政権与党の座を狙って憲法改正に反対し、共産党などと野党共闘を組むかである。今国会の会期は12月10日まで。自民党が憲法改正案を提出できるかどうかは予断を許さない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ