世界日報 Web版

崇高な精神に感謝の念を


 その奥津城(おくつき)は我が寓居(ぐうきょ)から歩いて10分程の近傍(きんぼう)にある。墓柱に「軍神海軍飛行兵曹長 勲七等功五級 大黒繁男之墓」と刻され、側面には戒名「神鷲院忠烈永鑑大居士」が読み取れる。

 「軍人の亀鑑たるのみならず、その最期においても万世不滅の好鑑を残せる戦死者」で、「武功抜群の軍人に与えられる金鵄勲章功五級の受賞者」であるということを、この墓は無言で訴えているようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ