世界日報 Web版

自衛隊違憲論争、9条論争に2項削除改憲を


 先月25日に開かれた自民党の党大会で、安倍首相は「いよいよ憲法改正に取り組む時が来た。憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか。これこそが今を生きる政治家、自民党の責務だ」と、憲法9条改正に向けての強い決意で総裁演説の掉尾(ちょうび)を飾った。筆者はこれに何ら異論はない。自衛隊違憲論に終止符を打つことは大賛成である。

 しかし、この党大会に向けて自民党の憲法改正推進本部が打々発止の議論の末、苦心惨憺(さんたん)して取りまとめた9条改憲案は、現行の9条1項、2項をそのまま維持し、自衛隊の根拠を定める「9条の2」を次のように追加するものとなった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ