世界日報 Web版

総がかり行動の極左 左翼の主導権争い再燃も


勧誘で青年増える傾向

 森友問題で佐川宣寿前国税庁長官の国会証人喚問が行われた27日、国会議員会館前の安倍内閣退陣を求める「総がかり行動」の昼の部では立憲民主党の松田功衆院議員、夜の部では同党の近藤昭一衆院議員が発言し、テレビなどの注目もあり運動は広がりを見せた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ