世界日報 Web版

カムサハムニダ平昌五輪 平和の中で育つ人間の能力


北見で知るカーリング

 美しいフィギュアスケート競技の羽生結弦選手らの姿を銀盤に残しながら「カムサハムニダ!」(ありがとう)の言葉をそえて、韓国・平昌五輪の17日間の冬季オリンピックの幕は閉じた。

 世界の平和の中に続くオリンピックのスポーツ大会は、2年後夏の日本開催への良い布石となるだろう。

 30年ほど前、娘が夫の転勤で北海道の東、サロマ湖やオホーツク海にも接する北見市の地に居着いた。程なく「北見って素晴らしい!」と、すっかり気に入り、何と彼女の夫の両親から300万円のカンパも頂き、2階建ての立派な一軒家を買ってしまった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ