世界日報 Web版

日本国憲法施行70年 今の憲法は民族精神の敵


民族精神を守る義務

 5月3日は今の憲法の施行から70周年だった。今の憲法を私は否定する。それは憲法としての役割を果たせず、むしろ逆効果が大きいからである。それは単なる安全保障上の問題だけではない。もっと根本的な問題がある。

 憲法とは道具である。せいぜい「近代国家」という道具の設計図に過ぎない。それは民族精神を孵化(ふか)させるための道具である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ