世界日報 Web版

米国防長官の来日 同盟重視を確認できるか


平和研が反撃力を提言

 プラトンは「富が保証する快楽を何よりも欲し、金儲け仕事をするのが本来である人物が思い上がって、その素質もないのに国家の統治者となれば国を滅ぼす」と戒めている。

 金がすべてで、如何(いか)に儲(もう)けるか。合法であれば手段を選ばない。そんな阿漕(あこぎ)なビジネスを全く恥ずかしいとは思わぬ輩(やから)には品位のかけらも感じられないのである。不動産王ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任して2週間。多くの米国民が“婆(ばば)”を掴(つか)まされたと臍(ほぞ)を噬(か)んでいるのではないだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ