世界日報 Web版

トランプ大統領就任演説 新しい階級問題との闘い


JFK就任演説と木霊

 リベラル派メディアは、どうしてもトランプ氏が嫌いなようだ。例えばワシントン・ポスト紙は1月20日に配信した記事の中で「今までの大統領は『大虐殺』、『消却』等の言葉を就任演説で使ったことはない。(中略)彼の演説は、保守思想等を代表するものでさえなかった」と酷評し「2世紀にわたる大統領就任演説の歴史との絶縁」だと主張。また「トランプ氏は、JFK(ケネディ大統領)とレーガンの就任演説の影響を受けると、数日前に言ったが、彼らの詩的なレトリックが殆(ほとん)どトランプの演説にはなかった」とも批判した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ