世界日報 Web版

思想変わらぬ共産党 ソフトイメージ“買う”赤旗


年始にトランプ氏批判

 日本共産党は、平和や民主主義、差別反対を前面に出し、ソフトなイメージをふりまいているが、共産主義思想はそのままである。たとえば、15日から18日まで開催される第27回党大会の決議案では、安倍政権のことを「戦後最悪の反動政権」と規定している。

 ここで言う「反動」とは、「共産主義社会が実現するのが歴史の必然であり、共産主義に反対するのは反動である」という共産主義イデオロギーからきている。また、日本共産党はかつての暴力革命路線を潜めて、今は民主主義革命という「革命」を目指していると宣言している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ