世界日報 Web版

才能に障害はない―ある日のアート村にて


一人ひとりの才能を活かした雇用促進を目指して

 東京駅から歩いてわずか3分。千代田区大手町2丁目、かつて呉服橋と呼ばれた一角に、パソナグループの本社ビルがあり、そこに「パソナ・ハートフル社」の工房を兼ねたオフィスがある。

 部屋いっぱいにコの字型に配置されたデスク。若い男女の社員が、赤や青、白や黄色など色とりどりのエプロンを付け、絵筆やペン、鉛筆などをもって作業をしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ