世界日報 Web版

将来を考える若者 テロや自殺は大人の責任


18歳選挙権で健全に

 今年、平成28年の参院選挙は、初の18~19歳の若者たちに選挙権が与えられ、その結果は自民、公明の圧倒的勝利に終わった。

 非改選と合わせて与党146議席、野党96議席の差は、恐らく我々年輩者の想像を超えるものだった。報道各社の出口調査によると、18~19歳の過半数が与党に投票したという。

 現代の若者たちは真に国家の将来を考えている、と私は実感した。“平和ボケ”と呼ばれた戦後の日本人の感覚は、この若者たちの手で徐々に健全なものに変わっていくと感じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ