世界日報 Web版

18~19歳の新有権者へ 投票で若者の心意気を


高齢者票で傾く政策

 私は沖縄出身の大学生ということで、保守の立場から論考を執筆させていただいているが、今回は保革左右の枠組みを超えて、今夏解禁される18歳選挙権について論じてみたい。

 私は、AKB48グループや46グループの大ファンである。今年の春に、乃木坂46の妹分として欅坂(けやきざか)46が結成され、デビュー曲の「サイレント・マジョリティー」は高い評価を得た。私も毎日のように聴いている。ところで、この曲の歌詞を読んでいると、18歳選挙権をめぐる若者の政治参加について問題提起をしているように感じる部分がある。とくに、次の歌詞には顕著に表れている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ