世界日報 Web版

オリンパス社員訴訟 正義貫いたサラリーマン


粘りで勝ち取った和解

 「これで普通のサラリーマンに戻れます。会社の和解案に決して満足しているわけではないが、この辺で手を打ってもいいかなと思い、会社側が出してきた条件を呑むことにしました」

 カメラや内視鏡のメーカーとして知られるオリンパス。そのオリンパスと8年強にわたって裁判争いをしているのが中堅社員の濱田正晴(55)だ。

 そのオリンパスが今年1月末、濱田に大きく譲歩した案を提示してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ