世界日報 Web版

安保関連法施行を前に 政治家の責任と覚悟を問う


嘆かわしい政治の頽廃

 1月6日の午後0時半に突如、北朝鮮は国営の朝鮮中央テレビを通じて、「最初の水素爆弾実験を実施した」と発表した。この暴挙に松の内の屠蘇気分は吹き飛び、日本中が震駭(しんがい)する事態となった。

 翌日の新聞各紙は「北朝鮮の核実験」を大見出しで報じ、安倍首相の「我が国の安全に対する重大な脅威で断じて容認できない。強く非難する」との声明に合わせて、対北朝鮮制裁強化の方針を伝えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ