世界日報 Web版

看護師戦線異状あり 人材不足で病院が争奪戦


3Kの職に7対1基準

 看護婦から看護師になり14年。それは日本の医療界を変えた記念すべき年、改革の年だったといえるだろう。

 それまで医療界で看護職に従事する女性は看護婦と呼ばれ、男性は看護士と呼ばれていた。ところが2002年、法律改正により、以後、看護婦も看護士も一律に“看護師”なる名称を使用することが義務付けられた。なぜそうなったのか。

 それから十数年の月日が流れたが、看護師を志望する男子の数はさほど伸張せず、看護師全体の5~10%の域に止まっているのが現状だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ