世界日報 Web版

安保法制整備について 事実踏まえ冷静な議論を


出鱈目な反対や疑念

 自民・公明の両党は3月20日、安全保障法制整備に関する与党協議会で「安全保障法制整備の具体的な方向性について」を取りまとめた。

 これは、与党として、現時点における法整備の具体的な方向性について、一定の認識を共有するに至ったところをとりまとめたものだ。政府はこの方向性に即して作業を加速化し、必要な法案を5月半ばには国会に提出できるようさらに準備を進めていくよう求めたものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ