世界日報 Web版

共産党の党旗びらき 躍進の足腰きつい高齢化


増えない青年活動家

 昨年の衆議院議員選挙で日本共産党の議席が増加した。それを受けて、日本共産党の党旗びらき(1月5日)では、志位委員長が躍進を訴え、参加者全員で確認した。しかし、相変わらず都合のいいことしか表明しない内容で、候補者が自民党候補者と日本共産党の候補者しかいなかった地区が大量にあったために、反自民票、あるいは権威が嫌いな人だけの票が日本共産党に流れただけということなどには触れられていない。まじめな日本共産党員を駆り立て、自己犠牲を強い、国民をあざむく内容であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ