世界日報 Web版

米国シリア政策失敗の余波


加瀬 みき

ロシアに劣った米外交
威信低下するオバマ大統領

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

シリアのアサド政権が、世界のトップ・スリーに入る大量の化学兵器を放棄するのかはまだ分からない。ましてやシリアの内戦がいつ治まるのか、死者、難民の数がどこまで増えるのかは全く不明である。

数年後には本当にシリアから化学兵器が全廃されるかもしれない。シリアがその状況に追い込まれるのを見て、イランも核兵器開発を放棄するかもしれない。イスラエルがイランを攻撃する恐れもなくなるかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ