世界日報 Web版

続くオリンパスの醜聞 粉飾訴訟損失補う肩叩き


優秀な開発者の不遇

 「訴訟引当金を特別損失として170億円計上――」

 昨年秋、オリンパスについてこんな記事が掲載されたことがある。

 当時、同社は発覚した粉飾決算を巡り、機関投資家など3件から訴えられ、訴訟損失引当金を特別損失として計上せざるを得なくなったという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ