世界日報 Web版

日米韓離間工作に騙されるな 世日クラブで高永喆氏が講演


800

日米、米韓同盟が東アジア平和の柱

 世界日報の愛読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は19日夕、都内で第156回定期講演会を開き、高永喆拓殖大学客員研究員が「どう動く北朝鮮―日米韓中の思惑」をテーマに講演した。

 高氏は、日米、米韓の両同盟が東アジアの平和を守る2本柱だと述べ、「中国であれ、北朝鮮であれ、日米韓離間工作に絶対騙(だま)されてはならない」と強調した。

 高氏は「中国や韓国が慰安婦問題とか反日・反米感情を煽(あお)るのは北朝鮮の路線と全く同じ」であり、「韓国で今、いろいろ反日、慰安婦問題を問題化するのは北朝鮮の高等な心理工作の一環」だと指摘。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ