グレタさんを「アイドルの誤った道」と酷評する独週刊誌シュピーゲル

ユダヤ憎悪アピール

スウェーデンの環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさん(20)が11月12日、アムステルダムの集会で環境保護を訴えるのではなく、イスラエル批判、ユダヤ憎悪をアピールし、集まった環境保護グループの仲間や参加者を驚かせた。集会に参加していた男性が舞台に上がり、グレタさんからマイクを取り、「私たちは環境保護のためにここに集まっているのであって、(あなたから)イスラエル批判、ユダヤ憎悪を聞くためではない」と訴えると、グレタさんは「占領地(パレスチナ)に気候の正義は存在しない」と反論する、といったシーンが展開されたのだ。

グレタさんの「イスラエル批判」「ユダヤ憎悪」発言の余震はその後も続いている。グレタさんの発言に衝撃を受けた「フライデー・フォー・フューチャー」のドイツ支部のリーダー、ルイーザ・ノイバウアーさんは独週刊誌シュピーゲル最新号(11月18日号)とのインタビューの中で、「グレタさんはわれわれの運動のシンボルだが、われわれは環境保護を訴えているグループであって、中東問題などの政治問題ではない」と指摘、グレタさんが今後も政治運動にのめり込むようだと、グレタさんが創設した環境保護グループから出て行かなければならなくなるかもしれないと示唆している。ちなみに、シュピーゲルは最新号の表紙にグレタさんを登場させ、「アイドルの誤った道」というタイトルを付けている。

グレタさんはパレスチナのスカーフを首に巻き、アムステルダムで8万5000人の観衆の前で反イスラエルを訴えた。彼女は群衆に向けて、気候変動運動には「抑圧されている人々の声に耳を傾ける義務がある」と叫んだ。

気候変動運動を二分

パレスチナ自治区ガザを2007年以降実効支配しているイスラム過激テロ組織「ハマス」が10月7日、イスラエルに侵攻して1300人余りの民間人らを虐殺したが、グレタさんは殺害されたイスラエル人への同情や連帯は一言も語らず、パレスチナ人への連帯を表明し、「パレスチナの自由」を要求、イスラエル軍のガザ報復攻撃を「大量虐殺」と呼んでいるのだ。

これに対し、ドイツ・イスラエル協会会長で緑の党の政治家フォルカー・ベック氏は、「気候変動活動家としてのグレタ・トゥーンベリさんの終わりだ。彼女は今後、イスラエル憎悪がその使命となるだろう」と指摘、「緑の党」議員マレーネ・シェーンベルガー氏は「グレタさんはもはや模範ではない」と失望している(ドイツ民間ニュース専門局ntv11月14日から)。

グレタさんの変身は、文字通り気候変動運動を二分している。なぜなら、アムステルダムでのデモも含め、批判だけではなく、左翼エコロジーの活動家たちの多くはグレタさんの政治発言に拍手喝采を送っていたからだ。

環境社会主義の影響

ntvのウェブサイトでヴォルフ・ヴァイマー記者は「グレタさんと左派の根深いユダヤ憎悪」というタイトルの記事(11月14日付)の中で、グレタさんは左翼のエコロジーグループ(環境社会主義者ら)からの影響を受けていると指摘している。

左翼はもともと反ユダヤ主義を標榜(ひょうぼう)し、無反省なポスト植民地主義、グローバリゼーション批判、反資本主義を掲げ、イスラエルは米国の「帝国主義と植民地主義」の手先と見なされている。パレスチナ人とアラブ人、イスラム教徒は被害者、イスラエルと米国は加害者だ、という構図が出来上がっているのだ。グレタさんはその思想の影響を受けているというわけだ。

世界の環境保護グループはグレタさんのイスラエル批判、ユダヤ憎悪発言を受け、その過激な政治発言に戸惑う一方、「最後の世代」と呼ばれる環境保護過激グループはそのエコテロリズム(道路の封鎖、絵画へのペンキかけなど)で社会からの批判を受けている。世界の環境保護グループはその運動目標、方向性、行動計画の再考を迫られている。(小川 敏)

spot_img
Google Translate »