【社説】劇症型溶連菌 症状や予防法の啓発強化を

急性咽頭炎などを起こす溶連菌が重症化した「劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)」の患者数が、過去最多ペースで増加している。

STSSの致死率は約30%に上る。発症すると急激に症状が進行し、数十時間で死に至ることも少なくない。発症することはまれだが、症状が重篤なため、政府はSTSSや予防法などについて啓発を強化すべきだ。

患者数が過去最多ペース

国立感染症研究所によると、昨年のSTSS患者数は941人(速報値)で、現在の統計を取り始めた1999年以降で最多だった。今年は5月12日までに既に851人が確認され、昨年1年間の患者数に迫りつつある状況だ。

溶連菌は、主に人との接触や飛沫(ひまつ)で感染する。症状が出ないことも多いが、血液や筋肉などの組織に侵入して、まれにSTSSを発症させる。発症すると手足の壊死(えし)を起こしたり、血圧低下や多臓器不全でショック状態に陥ったりする。

患者は65歳以上の高齢者が多い。ただ最近は50歳未満も増えているため、若い年代でも決して油断はできない。医療機関を受診しても早期の診断は困難で、症状の経過で判断するしかないという。

早い段階であれば抗生物質で治療が可能だ。しかし症状が進行すると、感染部位を切断しなければならなくなる。高熱や、腫れの急速な拡大、意識障害などの症状が出た場合は、すぐに入院設備のある病院に行く必要がある。

予防法としては、うがいや手洗いなどのほか、靴擦れなどの小さな傷や水虫のただれから菌が入ることが多いため、消毒して清潔に保つことが挙げられる。高齢者は床擦れにも注意してもらいたい。また、溶連菌による咽頭炎にかかった子供から親が感染し、STSSを発症したケースもあるという。溶連菌の中でも毒素が強く、2010年代に英国で流行した「M1UK」株の検出数が増えていることへの警戒も求められる。

STSS患者数の増加の原因は、明確には分かっていない。ただ昨年5月、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げられたことで対策が緩和され、溶連菌咽頭炎の患者数増加にもつながったことが一因との見方もある。

背景には、新型コロナ対策で人流を抑制したことで免疫力が低下し、さまざまな感染症に感染しやすくなっていることがあると言われている。また、訪日客数が増えたことが「M1UK」株の増加に結び付いているとみられる。もっとも溶連菌は新型コロナと違って未知の病原菌ではないため、爆発的な拡大の可能性は低い。一人一人が予防に努めることが大切だ。

免疫力高める生活習慣を

感染症を防ぐには、免疫力を高める生活習慣を地道に続けることも求められよう。適度な運動や十分な睡眠、栄養バランスの取れた食生活、ストレス解消などを心掛けたい。

コロナ禍で免疫力が下がったことを自覚し、健康意識を向上させる必要がある。

spot_img
Google Translate »