【社説】日比首脳会談 中国念頭に「準同盟」構築急げ

岸田文雄首相がフィリピンを訪問し、マルコス大統領と会談した。中国の覇権主義的な動きを念頭に東・南シナ海情勢に関する「深刻な懸念」を共有し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化のため連携を確認した。また日本が今年度創設した「政府安全保障能力強化支援(OSA)」の枠組みを初めて適用し、フィリピンの海洋安全保障能力を強化するため沿岸監視レーダーを供与することでも合意した。

違法な海洋進出に直面

さらに両首脳は、自衛隊と比軍の往来に関する「円滑化協定(RAA)」締結に向けた交渉開始でも一致。相手国に入国する際のビザ(査証)取得手続きなどを簡略化し、共同訓練の円滑な実施を目指す。締結されれば、フィリピンは日本が「準同盟国」と位置付けるオーストラリア、英国に続き3カ国目となる。

米国は対中融和的なドゥテルテ政権に代わって誕生したマルコス政権との間で、フィリピン国内で米軍が使用できる拠点の増設や過去最大規模の合同演習の実施など同盟強化に動いている。中国の台湾侵攻阻止が目的であり、日米比の同盟化も視野に入れている。今般の岸田首相のフィリピン訪問も、そうした米国の思惑を踏まえたものだ。

会談で岸田首相が強調したように、日比両国は「共に海洋国家であり、基本的な原則や価値観を共有する」民主主義国である。フィリピンは日本のシーレーン(海上交通路)に位置する戦略的要衝だ。中国の膨張が止(や)まない中、日本がフィリピンを「準同盟国」と位置付けることは当然の流れと言える。今後RAAの締結を急いで日比あるいは日米比の共同訓練を活発化させ、海洋進出を強める中国に備えるとともに、日比の2プラス2(外務・防衛担当閣僚協議)早期開催も視野に入れるべきだ。

南シナ海では、中国とフィリピンやベトナムなどの間で領有権を巡る争いが相次いでいる。先月もフィリピンが実効支配する南沙(英語名・スプラトリー)諸島のアユンギン礁沖で、フィリピン沿岸警備隊の巡視船が中国海警局や海上民兵の船に衝突される事件が起きた。東シナ海では、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の船数隻が日本漁船に接近した上、5日連続でわが国の領海に侵入している。日比の関係強化を嫌い、牽制(けんせい)と威圧を加えようとする中国の意図が読み取れる。

いま日比は、共に中国の違法な海洋進出に晒(さら)されている。中国の暴挙に対処するには、脅しに屈さず、連帯協力して海洋秩序と安全保障の確保に取り組んでいかねばならない。

毅然とした姿勢を学べ

マルコス氏は南シナ海のスカボロー礁に中国が設置した浮遊障壁の撤去を命じ、フィリピン沿岸警備隊がこれを実行した。フィリピン政府は、中国のサンゴ礁破壊や浮遊障壁の設置などの違法行為をオランダ・ハーグの仲裁裁判所に提訴する方針も示している。他方、日本政府はわが国の排他的経済水域(EEZ)内に中国が設置したブイを撤去することに躊躇(ちゅうちょ)している。岸田政権は、領土確保に見せるフィリピン政府の毅然(きぜん)とした姿勢を学ぶべきではないか。

spot_img
Google Translate »