世界日報 Web版

成果なかった玉城デニー沖縄県知事の米国訪問


成果なかった玉城デニー沖縄県知事の米国訪問

連邦議会議員10人と面談、辺野古移設阻止に合意得られず

 沖縄県の玉城デニー知事は14日から19日の日程で、米国を訪問した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対を伝えるのが目的だが、成果のないまま帰国した。政府との移設協議も平行線のままで、両者の歩み寄りの見通しは立っていない。(沖縄支局・豊田 剛)

 「敵前逃亡ではないか」。自民党沖縄県連は15日、玉城知事が県議会9月定例会の最終日を欠席して渡米したことに強い憤りを示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ