世界日報 Web版

ジュゴンはなぜ死んだ 辺野古工事の影響なし


ジュゴンはなぜ死んだ 辺野古工事の影響なし

玉城県政の保護無策が災い 犯人は「エイ」と判明

 沖縄本島周辺で確認されていた海洋哺乳類ジュゴンの1頭、通称「B」の死骸が発見されたのは今年3月のことだ。東シナ海側にある本部半島の今帰仁村(なきじんそん)・運天漁港の防波堤に漂着していた。体長3メートル、頭部や胸びれに傷、出血が見られ数カ所、皮も剥(む)けていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ