世界日報 Web版

辺野古移設反対の翁長知事支える「県民大会」


辺野古移設反対の翁長知事支える「県民大会」

参加実数は昨年より半減、埋め立て承認撤回は明言せず

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する翁長雄志沖縄県知事を支える大規模な集会が12日、那覇市で開かれた。政府が4月に辺野古で護岸整備に着手してから初めての集会だが、会場は昨年に比べて空席が目立ち半減したものとみられる。(那覇支局・豊田 剛)

 政府は4月25日から、辺野古移設に向けて埋め立ての第1段階となる護岸工事に着手している。これに対して、県は7月24日、辺野古の工事差し止め訴訟を提起し、工事中止の仮処分も申し立てた。昨年に続いて政府と県が法廷で争う事態になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ