世界日報 Web版

那覇軍港移設が焦点 12日に浦添市長選


沖縄県浦添市、キャンプキンザー、那覇軍港地

政府と知事派の「代理戦争」に

 浦添市長選に立候補したのは、2期目を目指す現職の松本哲治氏(49)=自民、公明推薦、新人で元市議の又吉健太郎氏(42)の2人だ。松本氏は自公のほか、多くの経済団体が支援する。又吉氏は、知事を支える「オール沖縄会議」が擁立した。政党の推薦は得ないが、社民、共産、維新の支援を得ている。

 那覇軍港の浦添移設について、松本氏は容認し、又吉氏は市民投票を行う考えを表明している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ