世界日報 Web版

「残念。市民は怒り心頭」 普天間飛行場移設問題


佐喜真淳市長

宜野湾市長 佐喜真淳氏に聞く

 沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長は23日午後、本紙との単独インタビューで、米太平洋軍のハリス司令官が同日、普天間飛行場の名護市辺野古移設の完了時期が2025年になるとの見通しを示したことについて、「予定よりも2年延びることは残念でならない。市民の立場からすれば怒り心頭だと思う」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ