世界日報 Web版

ケネディ駐日米大使、沖縄訪問に意欲


仲井真知事と都内の大使公邸で初会談

ケネディ駐日米大使、沖縄訪問に意欲

着任後初めて沖縄県の仲井真弘多知事(左)と会談し、沖縄への訪問に意欲を示したケネディ駐日米大使=29日午後、東京都内の大使公邸(沖縄県提供)

 ケネディ駐日米大使は29日、沖縄県の仲井真弘多知事と東京都内の大使公邸で約30分間会談した。ケネディ氏が同知事と会うのは着任後初めて。仲井真氏は米軍基地が集中する沖縄の現状を説明し、「沖縄は過重な負担を負っている。時機をみて沖縄を訪問し、県民の声を聞いてほしい」と招請。ケネディ氏は「沖縄に行き、県民の声を聞きたい」と応じ、沖縄入りに意欲を示した。

 仲井真氏は、日米両政府が連携して、沖縄の基地負担軽減に取り組むよう要請。IT関連など米企業の沖縄進出に関しても、協力を求めた。ケネディ氏は基地問題について「大使として解決へ前進するよう努力したい」と述べるとともに、米企業の進出や学生交流などにも積極的に取り組む意向を伝えた。

 一方、日米が同県名護市辺野古への移設で合意している米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)をめぐっては、防衛省が申請した辺野古沿岸部の埋め立てを仲井真氏が承認するかどうかが焦点となっている。仲井真氏によると、ケネディ氏との会談では、普天間問題は直接話題にはならなかったという。