世界日報 Web版

海外の沖縄ウォッチャー<English付>


ロバート・D・エルドリッヂ

学者というより活動家

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 今回は沖縄の学者と親密な海外識者の公平な学識を犠牲にした行動主義、日本居住または訪問客としての地位の問題に触れたい。

 アインシュタインは「物事はできる限りシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない」との名言を残した。これは海外識者が広めている沖縄についての不正確な理解にも当てはまる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ