世界日報 Web版

沖縄メディアと学界の癒着<English付>


ロバート・D・エルドリッヂ

異論排除の圧政的体質

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 これまでの論点で、地元メディアに力を与えすぎた沖縄の構造的な問題(「沖縄のメディア事情」)、その力の乱用と民主主義の危険(「沖縄メディアの同業者同盟」)、この現状を改善する必要性(「改革を要する沖縄メディア」)と、沖縄メディアを細部にわたって検証してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ