世界日報 Web版

改革を要する沖縄メディア<English付>


ロバート・D・エルドリッヂ

外部からの監視も必要

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 当欄で「沖縄の異様なメディア事情」(7月21日付、原題・The Media Situation in Okinawa)と題された1回目の論文では、経済的な利害や異なる見解を恐れる沖縄の閉鎖的な地元メディアの環境を論じ、沖縄のメディアが強い偏見を持ち、外部の情報が欠如している状態を「異常」で「不健全」だと述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ