世界日報 Web版

沖縄を訪れた外国人観光客の約4割が台湾人


沖縄を訪れた外国人観光客の約4割が台湾人

沖縄からの訪台増に期待

 台湾では来年1月、総統選が行われる。沖縄と台湾との人的、文化、スポーツ、経済の交流は好調だ。選挙結果いかんにかかわらず、関係はさらに深化していくことが期待される。最近の沖台交流の実績や傾向、日台漁業協定の意義などを台北駐日経済文化代表処那覇分処の蘇啓誠処長に聞いた。(聞き手=豊田 剛)

 ――最近、台湾からの観光実績はどのように推移しているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ