世界日報 Web版

「那覇市民の台所」農連市場解体に店主ら猛反発


「那覇市民の台所」農連市場解体に店主ら猛反発

那覇市の都市再開発計画は難航か

 「那覇市民の台所」として親しまれている農連市場が、老朽化と都市基盤整備のため、秋ごろから解体工事が始まり、3年後の完成に向けて再開発が行われる。ところが、店子(たなこ)と呼ばれる市場の店主らとの合意形成ができておらず、計画は難航が予想される。(那覇支局・豊田 剛)

 7月上旬、農連市場で野菜や小物を売る70代の女性は、新品の陶磁器をいくつものゴミ袋に詰めていた。

 「15日までに部分的に立ち退きするように言われているから、仕方なく店の商品の半分は処分するんです」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ