世界日報 Web版

日米新「蜜月」時代の沖縄問題


櫻田 淳

知事訪米の土産は何か

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 4月下旬以降の安倍晋三(内閣総理大臣)の訪米は、黒船来航以来、160年に及ぶ歴史の中でも時代を画する意義を持つものである。

 日米首脳会談に際して発表された「日米共同ビジョン声明」では、「(日米)関係は、かつての敵対国が不動の同盟国となり、アジア及び世界において共通の利益及び普遍的な価値を促進するために協働しているという意味において、和解の力を示す模範となっている」と記される。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ