世界日報 Web版

松本哲治浦添市長が那覇軍港移設を容認


松本哲治浦添市長が那覇軍港移設を容認

翁長雄志沖縄県知事の一転「賛成」が要因

 浦添市の松本哲治市長は20日、記者会見を開き、米陸軍那覇港湾施設(那覇軍港)を浦添埠頭(ふとう)地区に移設する計画を受け入れることを明らかにした。日米両政府が合意した空軍嘉手納基地(嘉手納町)以南の米軍施設の統合・返還計画の前進が期待される。翁長雄志(おながたけし)知事は軍港移設を推進する一方で、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に強く反対する姿勢は変わっていない。(那覇支局・豊田 剛)

 松本市長は記者会見で「軍港移設を進めることで沖縄県全体の米軍基地の整理縮小につながっていく」と移設の理由を説明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ