世界日報 Web版

ソフトパワーでも日米連携


400

医療や人道支援が抑止力に

自民党沖縄県連会長に就任 島尻安伊子・参院議員に聞く

 自民党沖縄県連は4日、那覇市で県連大会を開き、島尻安伊子参院議員を県連会長に充てる人事を承認した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり政府と翁長雄志(おながたけし)知事の対立が先鋭化する中、橋渡し役が期待される。島尻会長に県政評価、普天間飛行場の危険性除去及び辺野古移設、抱負などについて聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

 ――県連大会ではあいさつの中で「強くしなやかな自民党県連をつくる」と言った。具体的にはどのようなイメージを抱いているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ