世界日報 Web版

辺野古移設議論は平行線、菅官房長官・翁長知事の初会談


辺野古移設議論は平行線、菅官房長官・翁長知事の初会談

移設の原点、抑止力認識で違い

 菅義偉(よしひで)内閣官房長官が4日に沖縄入りし、翌日、翁長雄志(おながたけし)知事と初めて会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を推進する政府と移設に強く反対する県。この問題では両者が一歩も歩み寄ることなく、会談は「平行線」(翁長知事)のまま終わり、安全保障や抑止力の考えの違いが浮き彫りになった。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ