世界日報 Web版

沖縄を「日本トレンド」集約地に


沖縄を「日本トレンド」集約地に

一般財団法人沖縄公共政策研究所理事長 安里繁信氏に聞く

 沖縄では今、米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり国と県が対立、過激な移設反対派の活発な運動も相まって、辺野古周辺は緊張状態が続いている。一方、国会では来年度予算の目玉である「地方創生」予算が審議され、県も来年度の「創生」に動きだした。こうした中、将来の沖縄を担う次世代はどのような考えを持ち、今、何に取り組んでいるのか。元日本青年会議所会頭を務め、現在企業10社を取りまとめるシンバホールディングス会長で、一般財団法人沖縄公共政策研究所理事長の安里繁信氏に聞いた。(那覇支局・竹林春夫)

 ――沖縄の経済の現状をどうみるか。すぐに取り組むべき課題は何か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ