世界日報 Web版

翁長雄志知事、初沖縄県議会は混乱


翁長雄志知事、初沖縄県議会は混乱

12月定例議会一般質問で

 14日に投開票された衆院選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古(名護市)移設に反対する野党候補が移設容認の自民党候補を破って全4区で当選した。知事選の勢いがそのまま影響した形となり、翁長雄志(おながたけし)知事は、辺野古移設断念に向けて自信を見せる。しかし、翁長知事は12月の定例県議会では、移設に伴う名護市辺野古の埋め立て取り消し・撤回について、県政野党の自民党の厳しい追及に対して曖昧な態度を続け、議会が一時空転した。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ